小メニュー
ヘッダー
 
 2025年には団塊の世代すべての方が後期高齢者と区分される75才以上を向かえ、世界に類を見ない超高齢化の時代が来るとされております。そのため各医療機関は病床機能分化、在宅医療介護連携促進など、迅速な対応が求められます。
 札幌ひばりが丘病院は、緩和医療を含め急性期から在宅まで一貫した医療を行う地域密着型の病院です。患者さんが住み慣れた地域で自分らしく生活できるように、多職種と恊働しチームの力で支援したいと思っています。職員各々が、知識技術の習得のみならず、患者様やご家族のために、「思いやる心」を大切にし、その人がその人らしい生活を送っていただけるよう、日々研鑽しております。その中で、安全な医療・看護の提供と、優しさと思いやりのある看護の実践を掲げています。
 皆様に信頼される病院であるように、又 職員が専門職業人として活き活きと誇りを持って働き続けられるよう、全職員が創意工夫・知識を結集して、多くの局面へ心一つに取り組んでおります。

看護部長 上田淳子 
1. 優しさと豊かな人間性を備え、患者の立場を尊重し、安心して療養できるよう看護します。
2. どのような健康の段階にあっても、健康のより良い状態をめざし、人間の持てる力を拡大し、
生活の質を高めるよう看護します。
また、終末期には人生の最期まで生命が輝くように心をこめて看護します。
3. 専門職として看護の本質を追究し、理論に導かれた科学的かつ主体性のある看護を目指します。
4. 看護師として誇りを持ち、専門職としての能力向上と、自己の行動に責任を持てるよう自己啓発に務めます。
1. 組織の一員としての自覚をもち、各自果たすべき役割を明確にし自ら考え積極的に行動できる
自部署の基本的な特性を理解し、各自組織の一員として貢献できることは何か、
管理職、リーダー、スタッフ、委員会など各々の立場で果たす役割を意識し行動する
2. 各自課題を明確にし目標達成のために自己研鑽を重ね、幅広い知識・技術を習得し実践ができる
複雑化する臨床の場で、質の高い看護を目指し
研修や研究、講習会など積極的に参加し知識や技術を身につけ柔軟に対応できる力をつける
3. 院内の他職種との恊働を強化し、看護の専門性を発揮、チーム医療の向上を図り一貫したケアができる
チームの中で他職種との意見交換を積極的に行い、それぞれの専門性を高め合い
あらゆる健康の段階においてその人らしさを尊重し、プロセスを大事にする看護ができる
4. 接遇の向上に努める(思いやる心を持った職場環境をつくる
職員としてふさわしい身だしなみや態度の育成、感謝する気持ち、思いやる心を持った職場環境をつくる
緩和ケア病棟

 緩和ケアとは、癌のそのものの根本治療ではなく、それに伴う様々な症状の緩和を行います。症状とは、痛みだけではなく、例えば、身体のだるさやむくみ、便秘、不眠、食欲不振、不安感など患者様にとって広範な辛い症状を指します。その症状を和らげることで患者様が選択した”生活の質”を大切にした療養ができるよう援助いたします。個々の患者様が『その人らしく生きる』ことを支えることを目的にしています。
緩和ケア病棟が目指すもの
患者様が自分らしい生活を続けられるよう支援します。
患者様の痛みや不快な症状をありのまま受け止めてその軽減と解消に
全力を尽くします。
患者様が静かで安らぐことのできる環境を提供します。
患者様のご家族が、最期まで本来の家族としての姿を維持できるよう
援助します。
私たちは、チームアプローチを基本とし、チームで適切な医療を
提供します。
内科・整形外科病棟(1病棟)

 内科・整形外科病棟は、急性期病棟と地域包括ケア病棟の2つの特性を持った病棟です。緩和ケアや療養を希望される患者様、療養病棟で療養を希望される患者様・在宅診療を利用されている患者様、レスパイト入院など様々な背景をもった患者様を対象に看護を行っています。患者様の不安定な状態が治療により安定した状態に戻れるよう看護を行い退院後の生活について入院時から退院支援まで行っています。
 「患者様が安心し安全に入院生活が送れるよう思いやりのある看護を実践していく」「看護専門職として知識技術の向上に努め日々のケアに生かす」を目標に看護を行っています。また、「丁寧なケア・思いやりの心・チームワーク」をモットーに私たち自身も生き生きと働ける職場を目指しています。
地域包括ケア病棟(2病棟)

 2016年10月に開設しました。急性期治療が終了した後すぐに在宅や施設に退院するには不安のある患者さんに対してしばらくの間、入院療養を継続し、在宅復帰に向けての準備を整える病棟です。
 私たち看護師は、患者さん、家族の思いに寄り沿った看護を提供し、今年7月からは退院前・後訪問を行い、不安なく在宅生活が送れるよう支援しています。
 地域や関連する施設との連携を大切にし、病院から在宅への「架け橋」の役割を果たすことを実践しています。
療養病棟

 療養病棟は、急性期治療を経過し回復期に当たる患者様、あるいは長期にわたり療養が必要な患者様で医療の必要性が高く在宅治療が困難な患者様へ安心・安全に療養できる環境を提供しています。医師、看護師、理学療法士、栄養士、薬剤師、ソーシャルワーカーなどでチーム医療を実践し、医療サービスの提供や退院にむけての環境の整備を行っています。2016年の診療報酬改定にて介護医療病床との住み分けを図るとしたことで、より医療依存度が高い患者様が入院対象となっており、現在は、酸素療法や中心静脈栄養、気管切開などの患者様が8割を占めています。
外 来

 外来では患者さん1人1人に思いやりのある丁寧な対応を心がけています。フットケア外来では、糖尿病の患者さんの爪を切ったりしながら、足病変を起こさないよう注意しています。緩和ケア外来は、ゆっくり時間をとって患者さんの気持ちを聞き、苦痛をやわらげるための方法を考え提供します。訪問看護師やケアマネージャー等とも連携し、入院が必要な場合の体制も整備されています。私たちは、その時々の患者さんの心配や希望をとらえ、地域で安心して過ごせるよう支援しています。
 
 
医師紹介
看護部
病院機能評価とは、日本医療機能評価機構が第三者の目で、中立・公平な立場にたって病院が地域に根ざし、安心・安全、信頼と納得の得られる医療サービスが、適切に提供されているかどうかを多角的、客観的に評価するものです。一定の水準を満たしていると認められた病院が「認定病院」となります。
 
 

医療法人潤和会 札幌ひばりが丘病院
〒004-0053 札幌市厚別区厚別中央3条2丁目12番1号 TEL.011-894-7070(代表) FAX.011-894-7657
Copyright(c)hibarigaoka hospital All Rights Reserved.