小メニュー
ヘッダー
 
平成20年4月からは、40歳から74歳までの被保険者・被扶養者に対して、メタボリックシンドロームに着目した生活習慣病予防のための「特定健診」・「特定保健指導」が義務化されております。
メタボリックシンドローム(メタボリック症候群)という言葉はご存じですか?

最近は過食、運動不足によって内臓脂肪が蓄積し、生活習慣病になる人が増えています。生活習慣病には、高血圧症・脂質異常症・糖尿病など色々ありますが、たとえ軽症であっても複数の生活習慣病を合併しているとさらに大きな病気を引き起こす可能性があります。こうしたリスクが重なって存在する状態を「メタボリックシンドローム」と呼んでいます。
平成16年国民健康・栄養調査では、メタボリックシンドロームに該当する比率は、40歳以上の男性では50%にも達しており、女性でもその数は25%以上と推定されています。
特定健診・特定保健指導とは?

厚生労働省により平成20年4月から、実施が義務付けられた内臓脂肪型肥満に着目した健康診断・保健指導です。目的はメタボリックシンドローム(内臓脂肪型肥満)の要因である蓄積された「内臓脂肪」を減らせば高血圧・脂質異常症・糖尿病、更には心臓病や脳梗塞等の生活習慣病の進行を食い止めることができます。
そこで、内臓脂肪の蓄積をチェックし、更にメタボリックシンドロームのリスクを見つける事で、自覚症状のない段階から生活習慣の改善を目的としたものとなります。
特定健診・特定保健指導の流れ

特定保健指導対象者の選定方法

メタボリックシンドロームの判断基準

「BMI」の算出方法

 
 
医師紹介
看護部
病院機能評価とは、日本医療機能評価機構が第三者の目で、中立・公平な立場にたって病院が地域に根ざし、安心・安全、信頼と納得の得られる医療サービスが、適切に提供されているかどうかを多角的、客観的に評価するものです。一定の水準を満たしていると認められた病院が「認定病院」となります。
 
 

医療法人潤和会 札幌ひばりが丘病院
〒004-0053 札幌市厚別区厚別中央3条2丁目12番1号 TEL.011-894-7070(代表) FAX.011-894-7657
Copyright(c)hibarigaoka hospital All Rights Reserved.